2015年4月アーカイブ

私達夫婦は、中古で購入した一戸建てで暮らしています。

私達が住む前には高齢の方の終の棲家となった家で、売主は

前の住人の弟さんでした。

売りに出ていた時点では、まだ家の片づけが住んでおらず、もしも必要ならば家財道具はそのまま使っても構わないと言

われましたが、一通り処分してもらいました。

引き渡しの後、掃除をしていて気が付いたのですが、処分を

忘れたのか、それとも使うだろうと思って敢えて残されてい

ったのか、物干し竿が2本、残っていました。

特に気持ち悪い、などとも思わなかったので、傷みのないキ

レイなものはそのまま使わせてもらい、錆が出ている1本は

使わず、新しく購入しました。

困ったのがこの錆の出ている物干し竿です。

以前から、こういうものは処分するときにはどうするんだろ

う、という疑問を持ってはいましたが、改めてこれはどうし

たらいんだろう、と考え込んでしまいました。

材質を考えたら、間違いなく燃えないゴミなのですが、収集

袋にはどうしても入りません。何か特別な道具を使えば、短

く切断することもできるのかもしれませんが、私達にはその

道具も道具に関する知識もありません。

結局、洗濯物を干すベランダにそのまま置いてあります。そ

ろそろ、どうにか処分したいものです。

このアーカイブについて

このページには、2015年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。