第147回天皇賞・春 フェノーメノがゴールドシップを破ってGI初勝利

 2013年4月28日に京都競馬場3200メートル芝において第147回 天皇賞・春が行われました。当日は晴天に恵まれ、JRAでは天皇賞・春を皮切りに春から初夏のGIレースが毎週行われます。  オッズ1番人気はゴールドシップで単勝1.3倍でした。オッズ2番人気のフェノーメノは初めての関西への輸送で心配されていました。京都競馬場には非常にたくさんの競馬ファンが詰めかけました。誰もがゴールドシップの圧勝と考えていました。しかし、この天皇賞・春はここ10年間1番人気の馬で勝利したのはディープインパクトだけです。1番人気が飛ぶことで払戻金は結構つくことで知られているレースの一つです。果たして、ゴールドシップはこのジンクスを打ち破ることが出来るのでしょうか。  レースが始まり、中団追走から直線入り口で2番人気のフェノーメノが先頭に立って優勝しました。1番人気ゴールドシップは終盤の直線で伸びずに5着に終わりました。フェノーメノは日本ダービーや去年の天皇賞・秋で2着に終わっており、天皇賞・春でついにGI初制覇を果たしました。  「天皇賞馬」となったフェノーメノの次の大舞台は宝塚記念です。ここではゴールドシップに加えて、オルフェーヴルやジェントルドンナが参戦予定であり、さらに厳しい戦いを強いられ

このブログ記事について

このページは、mt6が2013年5月 7日 20:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日は朝からバタバタと」です。

次のブログ記事は「風物詩 目には厳しい 春一番」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。